日本の奨学金は貸与式

奨学金とは簡単に言うと借金です。しかし必要なお金であり学生には借りる権利があります。借りるには審査が必要です。

奨学金の借り方と返済について

日本の奨学金は貸与式 奨学金とは簡単に言ってしまうと借金です。しかし単なる借金ではなくが釘に必要なお金を借り、社会人になってから少しずつ返済していきます。奨学金には2種類あり、1種と2種に分けられます。1種は利子がなく2種には多少の利子があります。1種を借りるには大学進学前の高校の成績が重要となってきます。

奨学金を借りるには学校を通じて日本学生支援機構に申し込む方法と自分で申請する方があります。私は学生を通じて日本学生支援機構に申し込みました。申し込んだ人の中から成績のいい人から1種の奨学金が借りられます。月に借りる額も3万、5万、8万、12万と自分で選ぶことができます。返済については毎月定額を返すタイプと賞与が与えられる月だけ多く返すタイプがあります。返済は義務なので怠ると自分の出身校の後輩学生が借りられなくなるなどの影響も出てきてしまいます。

奨学金を借りる際には自分に必要な額をよく考えて借りることが大切です。自分で返済するものですから返済方法も考えておくといいと思います。利子をなくしたい、大学に行ったら奨学金を絶対に借りるつもりだという人は成績をあげておくと1種を借りることができるので勉強をがんばっておくこともたいせつです。成績が悪すぎると2種の奨学金を借りることもできなくなってしまいます。大学に進学してから奨学金の申請をすることもできますが、人数に限りがあるので高校生のうちに申請することをお勧めします。


Copyright(c) 2017 日本の奨学金は貸与式 All Rights Reserved.