日本の奨学金は貸与式

奨学金を貸してくれる所はいくつかあり、さらに奨学金にも様々な種類があり、自分にあったものを選ぶことができます。

奨学金を借りるにあたって

日本の奨学金は貸与式 奨学金の貸与は一般的に高校生からあり、大学では借りる人が増えます。奨学金を貸してくれる機構はいくつかあり、更に一つの機構の中でも様々なタイプがあるので、自分に合ったものを選ぶことができます。大学の場合、まず、一年生から借りたいのなら高校三年生の時に申請します。その際に、借りたい理由や経済状況を詳しく書き、借りたい額を選びますが、金額の幅はだいたい1か月につき3万から10万です。そして、有利子と無利子がありますが、母子家庭など特別な理由がない限りは有利子で、利子は固定か変動で選べます。固定の場合は大概が3%程です。それから、借りるには保証人がいなくてはなりません。これは、家族は駄目で、両親の兄弟などに頼めます。誰にも頼むのが難しい方は、保証会社に頼めます。この場合は、月々2000円程かかります。

契約は一年ごとなので、途中で借りるのを辞めたり、借り始めたりすることもできます。それなので、ずっと借りる場合も毎年更新をしますが、これはパソコンでできます。また、借りる額も更新時に変更することができます。最高15年間で月々返済することができますが、余裕がある月は、多めに返すのもありです。このように様々なタイプがあるので、自分に一番合ったものを吟味するべきです。


Copyright(c) 2017 日本の奨学金は貸与式 All Rights Reserved.