日本の奨学金は貸与式

奨学金の返済は大変ですが、借りたお金を返さないと後輩達に迷惑をかけることになるので、必ず完済します。

奨学金の完済を目指して。

日本の奨学金は貸与式 奨学金は、学業に励みたいという学生のための大変良い制度です。私も大学に行くために、奨学金の制度を利用して、無事卒業することができました。奨学金を借りることができなかったら、大学に通い続けることは困難だったかもしれません。私は親元を離れての一人暮らしで、しかも私立の大学で、授業料も高額で仕送りも必要だったため、親の経済的な負担は相当大きかったと思います。奨学金のおかげで、親の負担はかなり軽くなりました。しかし、私立の四年制大学で、自宅外から通学する学生だったので、借りられる額が大きくなって大変助けられた半面、返済金額も高額になりました。

私は約250万円の借金を背負って、卒業したことになります。月々の返済額は約1万4千円ですが、長い間地味に家計を苦しめてきました。返済期間が約15年と長いため、失業してしまったり、結婚したり、家を建てたりと、生活の大きな変化があっても、返済はしていかなければならないので、苦しい出費となります。しかし、私は奨学金のおかげで大学に通うことができたので、必ず返済しなければと思っています。借りた学生が返さなければ、後輩達が奨学金を借りることができなくなるからです。後輩達に迷惑をかけぬよう、完済を目指します。


Copyright(c) 2017 日本の奨学金は貸与式 All Rights Reserved.