日本の奨学金は貸与式

日本の奨学金には返済義務があって、審査も厳しいことが多いのですが、中には返さなくてよい奨学金もあります。

教育費が不足したら奨学金を利用

日本の奨学金は貸与式 成績優秀だが経済的理由で進学が困難な生徒や学生に、学費を援助するのが奨学金の目的です。多くの先進国では奨学金は返さなくてよいことになっていますが、日本の奨学金のほとんどには返済義務があります。つまり借金の一種です。とはいえ無利息または低利息で借りられ、親がブラックリストに載っていても申請できるので、普通の借金よりはメリットがあると言えます。

現在では公的機関や民間企業など、さまざまな団体が奨学金制度を設けています。いずれの場合でも、奨学金を受けるには、かなり厳しい審査に通らなければなりません。本人の学力や素行は、もちろん審査の対象になります。また親の年収が高ければ、審査に通らないことが多くなります。そして奨学金を受けた後は、本人が働いて返済しなければなりません。遊ぶ金を借りるのとはワケが違うとはいえ、返済計画が重要なのは同じです。

一部の自治体や財団法人では、返す義務のない奨学金を支給しています。ただし交通遺児であるとか、犯罪被害者の家族であるとか、特殊な条件を必要とする場合があります。また卒業後に特定の地域で、一定期間働く義務を負うこともあります。どちらにせよ募集枠は小さく、成績優秀であることが条件になります。


Copyright(c) 2017 日本の奨学金は貸与式 All Rights Reserved.