日本の奨学金は貸与式

奨学金制度には様々な種類があります。制度の違いを紹介し、上手く利用できるよう説明しています。

日本にある奨学金制度

日本の奨学金は貸与式 奨学金とは、学生に対し金銭の給付や貸与を行う制度のことです。経済的理由などにより修学困難な学生に対し、修学の機会を与える方法として利用されています。奨学金の種類は大まかに3つに分類できます。1つ目は、国や地方自治体や民間団体などから受けられる奨学金です。2つ目に、新聞奨学会です。そして、3つ目が、国の機関や全国の銀行などで実施されている教育ローンです。

まず、1つ目の国から受けられる奨学金の特徴を説明します。独立行政法人日本学生支援機構によって運営される奨学金制度で、最も利用者の多い制度です。無利子の第一種奨学金と、有利子の第二種奨学金の2種類に分けられます。そして、地方自治体が運営する奨学金もあります。条件としては、保護者がその地域の住人であることです。民間団体の奨学金の特徴は、貸与奨学金と給付奨学金とがあり、成績や学生の生活環境も条件に入ってきます。さらに、学校独自の奨学金も存在します。次に、2つ目の新聞奨学会とは、新聞社による奨学金制度のことを意味します。新聞販売店で新聞配達、集金などの仕事をしながら、奨学金が給付される制度です。最後に3つ目の教育ローンとは、進学する本人でなく保護者が借り入れる制度です。銀行や信用金庫などにより運営されています。経済的理由などで進学を諦めることのないよう、奨学金制度を知り、賢く利用して欲しいものです。


Copyright(c) 2017 日本の奨学金は貸与式 All Rights Reserved.